リーダーシップ



リーダーシップとは

 

企業の管理者には今、リーダーシップ研修というものが非常に求められています。

 

管理者という立場にいるからといって、リーダーシップが誰にでも身に付いているとは限りません。

 

また、管理者になったからといって、リーダーシップが鍛えられるとも限りません。

 

その為、研修というものを利用し、この研修でリーダーシップを身につけようという動きが活発化しているのです。

 

では、ここで素朴な疑問を投げかけてみます。

 

リーダーシップとは、一体何なのでしょう。

 

これという形あるものではないだけに、結構難しい問題ではないでしょうか。

 

リーダーシップと一言で言っても、実は大きく2種類に分かれています。

 

役割内におけるリーダーシップと、集団内でのリーダーシップです。

 

簡単にいうと、地位かそれとも資質・能力かという点ですね。

 

地位としてのリーダーシップとは、指導権、即ち「あれをしなさい」と命令する立場である事を指します。

 

リーダーと言い換える事ができるでしょう。

 

一方、能力とは、統率力の事を指します。

 

研修などで習うリーダーシップとは、いうまでもないですが後者の方です。

 

立場上のリーダーシップは、誰でも与えられれば発揮できます。

 

ですが、それが正しい方向に導いているかどうかというのは、能力上のリーダーシップが必要という事になります。

 

本当の意味でリーダーシップを発揮するというのであれば、統率力、判断力、あるいはカリスマ性などといったものが必要となってくるのです。
これらを総合して、リーダーシップと言います。