リーダーシップ



リーダーシップの基本構造

 

リーダーシップについて語る上で、まずはっきりとしておくべき事。

 

それは、リーダーとリーダーシップの違いです。

 

リーダーはあくまでも立場や役職。

 

管理者という立場であれば、少なからず誰もがリーダーという事になるでしょう。

 

一方、リーダーシップとは、その立場でどれだけの統率力や判断力を発揮できるかという能力です。

 

その上で、リーダーシップとはどういった構造になっているかをみていきましょう。

 

リーダーシップは、まずリーダーである事が前提かというと、実はそうではありません。

 

リーダーではない人でもリーダーシップを持っている人はいますし、その能力を使用する場面はあります。

 

その為、リーダーとリーダーシップの間には綿密な関係こそあれ、必ずしも不可欠なもの同士とは限りません。

 

リーダーは組織の中でのみ存在します。

 

そして、その組織に目的と役割があるからこそ、その存在が必要とされます。

 

これに関してはリーダーシップも同じで、他者がいて、目的があって始めて意味を成します。

 

つまり、リーダーシップというのは、団体、目的、役割というものが前提として挙げられます。
リーダーが前提なのではなく、リーダーと共存する位置関係となります。

 

管理者研修では、まずこの事を念入りに説明されるでしょう。

 

管理者という立場にいる人間がリーダーシップを持つとは限らないのは、そのふたつがイコールではないからだという事を研修で学びます。

 

研修などによって身につけることで、はじめてリーダーシップを持ったリーダーとなれるのです。