リーダーシップ



不況とリーダーシップ

 

世界全体が不況に突入してから、かなりの月日が経ちました。

 

今や不況である事が当たり前のようになっており、そんな中でどうやって暮らしていくかという事が、一般人の課題のようになっています。

 

そして、それは企業であっても例外ではありません。

 

多くの中小企業では飛躍を誓うような事は難しく、どうやって生き残るか、どうやって乗り切るかというのが、現代における企業としての最大の目標となっています。

 

台風が来た日に外に出るのは無謀というもの。

 

それと同じで、いまは雨露と暴風をしのぐ為、じっと耐えて待つしかないのでしょう。

 

ですが、そういった状況下では、従業員がモチベーションを維持する事が非常に困難です。

 

大きな目標もなく、同じ労働、あるいは好景気時よりもずっときつい労働を課せられて、それでも給料は下がっていく一方。

 

そんな事態では到底今後やっていけないと考える従業員がかなり多いのではないでしょうか。

 

企業は、従業員がこぐ舟のようなもの。

 

従業員が頑張ってこがなければ、企業はすぐに沈んでしまうのです。

 

現代の社会は、そうやって沈んでいった企業がごまんとあります。

 

その中で、今非常に注目を集めているのがリーダーシップです。

 

不況下という現状で、それでも企業のために必死になってこいでいこうと力付けるためには、強力なリーダーシップを有した人材が必要なのです。

 

そこで活用されているのが管理者研修です。

 

管理者研修はたくさんの種類があるのですが、その中でも特にリーダーシップの研修が注目を集めています。

 

この時代、管理者が持つリーダーシップで企業の行く先が決まると言っても過言ではないのです。